April 22, 2010 / 2:59 PM / 9 years ago

ギリシャソブリン格付けを引き下げ=ムーディーズ

 4月22日、ムーディーズはギリシャのソブリン格付けを1ノッチ引き下げ「A3」とした。写真は15日アテネで撮影(2010年 ロイター/John Kolesidis)

 [アテネ 22日 ロイター] 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは22日、ギリシャのソブリン格付けを1ノッチ引き下げ「A3」とし、ギリシャが市場での信認を取り戻さない限り、一段の格下げの可能性がある、とした。

 ムーディーズは「ギリシャの債務は借り入れコストが従来予想よりも高い水準でしか安定しない著しいリスクがある」と指摘した。

 ムーディーズのギリシャ担当シニア・アナリスト、サラ・カールソン氏は「ギリシャ政府が市場の信認を取り戻し、持続的に債務水準を削減していく能力をいずれ弱めかねない高金利や低成長といった向かい風に対処できない限り、格付けがA3にとどまる公算は小さい」と述べた。

 また、向こう3カ月以内にギリシャ格付けの見直しを行う可能性があり、ギリシャが示している財政赤字削減計画の「完全な実施」が確認されなければ、格付けは再度引き下げられる見通し、とした。

 同氏はロイターに対し、「A3格付けは、ギリシャの目標達成が一段と困難な環境になっているというわれわれの見方を反映している」と語った。

 ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのシニア為替ストラテジスト、ウィン・シン氏は「唯一の驚きは複数ノッチの格下げでなかったことだ」とし、「ムーディーズが何を検討しているのかわからないが、ギリシャがシングルA格付けとみなされることは決してない」と述べた。

 フィッチは今月9日、ギリシャの格付けを「BBBマイナス」に引き下げた。スタンダード&プアーズ(S&P)は昨年12月に「BBBプラス」に引き下げている。 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below