April 28, 2010 / 6:50 AM / 9 years ago

日銀決定会合で金融政策維持の公算、物価見通しは上方修正へ

 [東京 28日 ロイター] 日銀は30日に開催する金融政策決定会合で、現在の金融政策を維持する公算が大きい。「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)での実質国内総生産(GDP)や消費者物価指数(CPI、生鮮食品除く)の見通しは、上方修正する見通し。

 4月28日、日銀は30日の金融政策決定会合で、現在の金融政策を維持する公算が大きい。写真は日銀本店、2006年撮影(2010年 ロイター/Yuriko Nakao)

 だが、物価水準が依然として前年比でマイナスのまま推移しており、今年度後半以後の不透明感も強いため、必要に応じて追加緩和を実施する姿勢は維持し、デフレ脱却に向けた強い意志を示すとみられる。また、欧州でのソブリンリスク拡大を契機に世界の金融・資本市場が動揺する兆しをみせており、この傾向がさらに強まると判断した場合には、金融政策の機動性を重視して追加緩和が検討対象になる可能性もある。

 <足元景気は上振れ、年度後半にリスクの声>

 市場が最も注目する2011年度コアCPI(1月中間評価時では前年比マイナス0.2%)は、マイナス圏を脱して、ゼロ%か若干のプラスになる可能性が出てきた。物価への影響が大きい需給バランスの改善が予想より早いことや、新興国経済の好調さを反映して商品市況が高めに推移し、さらに円安方向の為替水準が続いていることなどが要因となっている。

 しかし、日銀では「中長期的な物価安定の理解」の中心であるコアCPIの前年比プラス1%に向け、緩和姿勢を維持していく方針を固めつつある。足元の景気は上振れているものの、2010年度後半以後の景気状況の不確実性を懸念する声も少なくない。特に9月末に予定される自動車補助金終了の影響については「ある程度の反動減は避けられない」(前田純一名古屋支店長)との慎重な声も聞かれる。

 こうした要因から日銀では、景気が改善する方向であっても、市場の急変などで下振れリスクが強まる場合には、今後も必要に応じて迅速・果断に追加緩和を決断するとみられる。昨年12月に導入した新型オペの拡充を決めた今年3月の決定会合でも、多くの政策委員が「景気が持ち直し、物価の下落幅が縮小している、この段階で追加的な緩和措置を実施することは効果的」「経済・物価の改善の動きを確かなものとすることに資する」との判断を示していたことが議事要旨で明らかになっている。

 <企業マインドは好転、緩和効果強まる>

 ただ、30日の会合では追加緩和は見送られ、現在の金融政策スタンスが維持されそうだ。3月の追加緩和の効果も加わって、昨年12月当時のような企業マインドの大幅な悪化や、持続的な物価下落への懸念は後退している。足元の景気も改善過程をたどっており、緩和効果が強まる環境下にあると認識している。このため今回は、3月の追加緩和の効果を見極めるため、現在の政策を維持する公算が大きい。

 ただ、ギリシャやポルトガルのソブリン格付けが引き下げられた影響で世界的に株価が下落しており、こうした混乱が拡大・長期化し、景気下振れのリスクが増大しそうな場合には、追加緩和の必要性に関する議論が高まる可能性も残されている。また、30日朝に発表される3月全国コアCPIや3月鉱工業生産指数などのデータを確認した上で政策判断を下したいという声も、政策委員会の中にはある。

 追加緩和が行われる場合は、期間3カ月で供給額20兆円の新型オペの供給額をさらに増額してくる可能性が高そうだ。期間延長という選択肢も有り得るが、日銀内では、出口政策時の機動的な対応にとっていくつかの問題点があるとの声や、取引量の少ない6カ月物にまで期間を延長すれば市場機能を大幅に低下させることになるなどの指摘が少なくない。

 (ロイターニュース 児玉 成夫記者、取材協力:竹本 能文記者;編集 田巻 一彦)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below