Reuters logo
グーグルのOS搭載スマートフォン、米市場でiPhone抜き2位に
2010年5月11日 / 03:35 / 8年前

グーグルのOS搭載スマートフォン、米市場でiPhone抜き2位に

 [サンフランシスコ 10日 ロイター] NPDグループによると、第1・四半期のスマートフォン(多機能型携帯)向け米ソフトウエア市場で、グーグル(GOOG.O)の基本ソフト(OS)「アンドロイド」が、アップル(AAPL.O)を抜いて2位に浮上した。

 5月10日、第1・四半期のスマートフォン向け米ソフトウエア市場で、グーグルのOS「アンドロイド」がアップルを抜き2位に浮上。写真はアンドロイドを搭載した携帯電話。1月撮影(2010年 ロイター/Mike Blake)

 NPDによると、グーグルの「アンドロイド」は、第1・四半期に米国で販売されたスマートフォンの28%を占め、21%だったアップルの「iPhone(アイフォーン)」を抜き、2位となった。首位は「ブラックベリー」メーカーの加リサーチ・イン・モーション(RIM)RIM.TOで36%だった。

 グーグルはアップルとは対照的に、「アンドロイド」を他の携帯電話メーカーにも提供しており、4月時点で34機種に搭載されていると明らかにしている。

 NPDのアナリスト、ロス・ルービン氏は今回の結果について、ベライゾン・ワイヤレスの積極的な販促キャンペーンが奏功し、「アンドロイド」搭載携帯の販売が押し上げられた、との見方を示した。

 一方、携帯電話サービス大手スプリント・ネクステル(S.N)は10日、グーグルのスマートフォン「ネクサスワン」を今後支援しない方針を明らかにした。ウェブサイトを通じた直接販売で、携帯電話業界の変革を試みているグーグルにとっては、主要パートナーを失うことになり痛手となる。 

 「ネクサスワン」はグーグルとHTCが開発し、グーグルのウェブサイト上で直接販売する形式をとっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below