May 24, 2010 / 1:38 AM / 10 years ago

北米映画興行収入=「シュレック」最新作が初登場1位

 5月23日、北米映画興行収入ランキングは「シュレック フォーエバー」が7130万ドルで初登場トップとなった。写真は20日、ハリウッドでのイベントに登場した「シュレック」(2010年 ロイター/Fred Prouser)

 [ロサンゼルス 23日 ロイター] 映画スタジオの推計に基づく5月21日―23日の北米映画興行収入ランキングは、人気アニメシリーズの第4作「シュレック フォーエバー」(日本公開は12月18日)が7130万ドルで初登場トップとなった。

 ただ、業界関係者の予想1億ドル超には大きく届かず、2007年公開の前作(1億2160万ドル)、2004年公開の第2作(1億0800万ドル)も下回った。

 シリーズ最終作となる同作品は3Dでも公開され、オープニングの興行収入に占める3D比率は61%。また、ロシアやフィリピンなど7カ国でも封切られ、海外での興収は約2600万ドルを記録した。

 このほか、先週まで2週連続で首位だった「アイアンマン2」(日本公開は6月11日)は、2660万ドルで2位に後退。北米での累計興収は2億5130万ドルとなり、海外での売り上げと合わせて5億ドルを突破した。

 また、先週2位の「ロビン・フッド」(日本公開は12月)は1870万ドルで順位を1つ下げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below