May 28, 2010 / 3:17 AM / 10 years ago

今年のハリケーン、「カトリーナ」発生の05年以来の数に=米当局

 [ワシントン 27日 ロイター] 米海洋大気局(NOAA)は27日、6月1日からのハリケーンシーズン入りを前に、今年は甚大な被害をもたらしたハリケーン「カトリーナ」が発生した2005年以来の多数のハリケーンに見舞われる可能性がある、との見通しを示した。

 NOAAによると、今年は14─23の激しい暴風雨に見舞われると予想されており、うち8─14はハリケーンに発達する可能性があるという。05年に米国を襲ったハリケーン数は15だった。3─7のハリケーンは、カテゴリー3以上の勢力を持つ大型ハリケーンに発達する可能性があるという。

 実際に予報通りの状況となった場合、本土上陸の危険性が高まるほか、メキシコ湾沖の原油・天然ガス生産に大きな支障が出る可能性があり、アナリストは、NOAAの予想が原油価格を押し上げるとみている。27日の米原油先物市場で、7月限はバレル当たり4.25%高の74.55ドルで取引を終えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below