May 28, 2010 / 11:55 PM / 9 years ago

ユーロ全面安、フィッチのスペイン格下げで=NY市場

 [ニューヨーク 28日 ロイター] 28日のニューヨーク外国為替市場では、格付け会社フィッチ・レーティングスがスペインの格付けを最上級の「AAA」から1ノッチ引き下げ「AAプラス」としたことを受け、ユーロが全面安となった。

 5月28日、ニューヨーク外国為替市場では、フィッチによるスペイン格下げを受け、ユーロが全面安。マドリードで撮影した欧州連合とスペインの旗(2010年 ロイター/Andrea Comas)

 フィッチは、スペイン政府が導入する財政緊縮措置により、同国の景気回復が政府予想よりも「限定的」となると説明した。

 ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのシニア外為ストラテジスト、ウィン・シン氏は「欧州発のニュースは全般的に週初から落ち着いていたが、この日の格下げは、時に悪いニュースが発生し、市場を揺るがすリスクがあることを思い起こさせるものだった」と述べた。

 その上で「われわれは依然としてユーロに対して弱気でいる。ユーロは今後、何年にもわたり弱気相場が続くとみている」と述べた。

 電子取引システムEBSによると、ニューヨーク市場午後終盤の取引で、ユーロ/ドルは0.8%下落の1.2271ドル。一時は1.2265ドルまで下落した。

 ユーロの月初からの下落率は7.7%となる見込み。下落は6カ月連続で、5月は2009年1月以来の大幅な下落率となる見通し。

 アナリストによると、ユーロの下値支持線は1.2135ドル。この水準を下回って5月の取引を終えた場合、次の下値支持線は05年11月につけた安値の1.1640ドルとなるとみられている。

 ユーロ/円はEBSで、0.9%下落し111.56円。一時111.35円まで下落した。

 ドル/円は0.2%下落し90.89円。

 主要6通貨に対するICEフューチャーズUS(旧NY商品取引所)ドル指数は0.7%上昇し86.751となった。

 スペインの格付けについてブラウン・ブラザーズ・ハリマンのシン氏は「今後、複数回にわたり格付けが引き下げられる」と予想。「スペインの国内総生産(GDP)の規模はギリシャやポルトガルの約5倍もある」と指摘し、影響は大きいとの考えを示した。

 アナリストの間では、ユーロ圏の債務問題に対する懸念は今後も続くとの見方が強い。

 バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)のグローバル外国為替戦略部門を統括するサマリジット・シャンカー氏は、欧州各国政府は2年ほど前から償還期限が2年以下の短期債を多く発行してきたと指摘。その結果、債務借り換えが大きな問題として浮上するとし「債務借り換えが常に試金石として市場心理に影響する」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below