June 14, 2010 / 9:43 PM / 9 years ago

日本がカメルーン破りW杯白星発進、本田のゴール守る

 6月14日、日本がW杯初戦でカメルーンを1─0で破った。写真はゴールを決めた本田(左から2番目)を祝福する選手ら(2010年 ロイター/Adnan Abidi)

 [ブルームフォンテーン(南アフリカ) 14日 ロイター] サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は14日、各地で1次リーグの3試合を行い、E組の日本がカメルーンを1―0で下し、初戦を白星で飾った。

 日本は前半39分、松井大輔の右クロスを受けた本田圭佑がゴールを決め、その1点を守りきった。日本が海外開催のW杯で勝利を挙げたのは初めて。

 前日に24歳の誕生日を迎えた本田は試合後、「しっかり準備した結果。少ないチャンスを決められて良かった」とコメント。また、岡田武史監督は「選手たちが勝ちたい気持ちを持ち、チーム一丸となって戦ってくれた」と勝利を喜んだ。

 そのほかの試合では、同じE組のオランダがデンマークを2─0で下し、連覇を狙うF組のイタリアはパラグアイと1─1で引き分けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below