June 22, 2010 / 4:06 PM / 9 years ago

仏クレディ・アグリコル、ギリシャ部門の見通し引き下げ

 [パリ 22日 ロイター] 仏銀大手クレディ・アグリコル(CAGR.PA)は22日、ギリシャ部門である傘下エンポリキ銀行CBGr.ATの業績見通しを引き下げた。また、同行をめぐり4億ユーロ(5億3670万ドル)の評価損を計上すると発表した。

 クレディ・アグリコルはエンポリキ銀行について、黒字転換時期を当初の見通しよりも1年遅い2012年と予想したほか、今年の純損失予想を7億5000万ユーロと、当初の見通し(3億─3億5000万ユーロ)から2倍超引き上げた。

 これにより、エンポリキ銀行は11年までに中核的自己資本(ティア1)として5億5000万ユーロの追加資本が必要となる。

 バドレ最高財務責任者(CFO)は電話会見で、資本調達の可能性を否定する一方、今後の計画について詳細は明かさなかった。

 クレディ・アグリコルはフランスの上場銀行のうち対ギリシャで最大のエクスポージャーを有しており、エンポリキ銀行が抱える民間部門の融資額は230億ユーロ前後に達している。

 同行株価は一時5%下落した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below