July 13, 2010 / 7:06 AM / 9 years ago

北朝鮮、沈没事件めぐる国連軍との接触を突然延期

 7月13日、北朝鮮は、韓国の哨戒艦沈没事件をめぐる大佐級実務接触を突然延期した。写真は北朝鮮の国旗、北京の北朝鮮大使館で2008年12月撮影(2010年 ロイター/Jason Lee)

 [ソウル 13日 ロイター] 在韓国連軍司令部は13日、声明を発表し、北朝鮮が同日実施する予定だった韓国の哨戒艦沈没事件をめぐる大佐級実務接触を突然延期したことを明らかにした。

 同司令部によると、北朝鮮は「行政上の理由」で接触の先送りを要請してきた。当局者によると、北朝鮮は接触の用意が整っていないと判断した可能性がある。北朝鮮は新たな日程も提示していない。

 韓国、米国、スウェーデンなどの専門家を含めた合同調査団は5月、哨戒艦沈没を北朝鮮による攻撃と断定した調査結果をまとめた。

 また、国連安全保障理事会は先週、哨戒艦沈没事件に関する議長声明を採択した。声明は哨戒艦への攻撃を非難する一方、北朝鮮を名指しで非難することは避けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below