July 13, 2010 / 1:12 PM / 9 years ago

ストレステストの結果、全面開示が必要=レーン欧州委員

 7月13日、欧州委員会のレーン欧州委員は、欧州の銀行ストレステスト結果の全面開示を提案。写真は6月8日、ルクセンブルグで記者会見する同委員(2010年 ロイター/Eric Vidal)

 [ブリュッセル 13日 ロイター] 欧州委員会のレーン欧州委員(経済・通貨問題担当)は13日、欧州の銀行を対象にしたストレステスト(健全性審査)の結果発表をめぐり、全面開示を求めた。

 ただ、関係筋によると、公表する情報をめぐっては欧州連合(EU)財務相の間で意見が分かれている。

 レーン委員は「審査対象となったすべての銀行が結果を完全に公開することは、各行にとって利益となる。銀行セクターへの信頼回復に向けた最善の策だ」と述べた。

 また「EU加盟各国はこれと平行し、銀行セクターのぜい弱性に備えた公的な支援措置を用意する必要があるが、ストレステストによって、全般的に欧州の銀行セクターの底堅さが示されると確信している」と続けた。

 一方、あるEU筋は「ストレステストの結果をめぐり、特定の項目の公表に非常に消極的な国もあれば、完全な透明性を求める国もある」と述べ、EU加盟各国の間で意見の相違があると明かした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below