July 21, 2010 / 9:15 PM / 10 years ago

ダウ平均109ドル安、米FRB議長の議会証言を嫌気

 [ニューヨーク 21日 ロイター] 21日の米株式相場は反落。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が議会証言で、米経済は「異例に不透明な」見通しに直面していると発言したことが嫌気された。

 7月21日、米株式相場は、バーナンキFRB議長の議会証言を嫌気して反落。写真はニューヨーク証券取引所。15日撮影(2010年 ロイター/Lucas Jackson)

 バーナンキ議長は労働市場の弱さが続いているとの認識を示し、融資と投資を促進する複数の具体的な選択肢に言及した。

 スタイフェル・ニコラウスの市場ストラテジスト、ジョー・バッティパーリア氏は「バーナンキ議長の発言では、デフレリスクの高まりや経済の過剰生産能力、クレジットシステムの機能不全に対する救済策が何も示されなかった。このため市場は下落した」と指摘した。

 ダウ工業株30種.DJIは109.43ドル(1.07%)安の1万0120.53ドル。

 ナスダック総合指数.IXICは35.16ポイント(1.58%)安の2187.33。

 S&P総合500種.SPXは13.89ポイント(1.28%)安の1069.59。

 市場の取引開始前には企業の好決算が相次いだものの、バーナンキ議長の議会証言を受けて投資家の買い意欲は全般的に減退した。

 モルガン・スタンレー(MS.N)は第2・四半期利益が市場予想を上回り、6%急伸した。

 アップル(AAPL.O)は0.9%高。同社の決算も力強い内容となったが、控えめな利益率見通しが株価の上値を抑えた。

 S&P総合500種は14日移動平均付近に下値支持線があり、一部のテクニカルアナリストが重要な節目とみている1060を上回る水準を維持した。

 ウェルズ・ファーゴ(WFC.N)は0.6%高。同行の第2・四半期決算は、利益が融資需要の増加に押し上げられて市場予想を上回った。

 一方、ネット検索大手ヤフーYHOO.Oは8.5%急落。前日発表した決算で売上高が予想を下回ったことが嫌気された。

                   (カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

     終値         10120.53(‐109.43)

   前営業日終値    10229.96(+ 75.53)

ナスダック総合.IXIC

     終値         2187.33(‐35.16)

   前営業日終値    2222.49(+24.26)

S&P総合500種.SPX

     終値         1069.59(‐13.89)

   前営業日終値    1083.48(+12.23)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below