July 28, 2010 / 6:07 AM / 9 years ago

アルカイダのナンバー2、仏ブルカ禁止法案可決を非難

 7月27日、アルカイダのナンバー2であるザワヒリ容疑者は、フランス国民議会によるブルカ禁止法案可決を非難。写真は2006年9月、ネット上に掲載されたザワヒリ容疑者の映像(2010年 ロイター/Reuters TV)

 [ドバイ 27日 ロイター] アルカイダのナンバー2であるザワヒリ容疑者は27日、イスラム系ウェブサイトに掲載された声明で、イスラム女性の着衣であるブルカの公共の場で着用を禁じたフランス国民議会(下院)を非難した。

 同議会は今月13日、公の場でのブルカなどの着用を禁止する法案を圧倒的多数で可決。法案では、違反者に罰金や禁固刑を科すとしている。

 ザワヒリ容疑者は音声による声明で、この法案が「イスラムに対する攻撃だ」とし、「これは異教徒の自由であって、信心深いイスラム教徒にとっての自由ではない」と強く非難した。

 この問題をめぐっては、サウジアラビアのイスラム教聖職者が、フランスではブルカなどの着用は免除されると宣言。ただし、旅行での訪問も避けるよう呼び掛けている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below