August 4, 2010 / 1:41 AM / 9 years ago

長期金利一時7年ぶり1%割れ、米欧でもデフレ懸念の流れ

 8月4日、長期金利が一時7年ぶりに1%を割り込んだ。都内の横断歩道で2008年12月撮影(2010年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [東京 4日 ロイター] 長期金利が急ピッチで低下している。4日の東京債券市場では、指標10年国債利回りが一時、前日比0.040%低い0.995%となり、2003年8月以来7年ぶりに節目の1%を割り込んだ。

 米連邦準備理事会(FRB)が近く金融緩和に踏み切るのではとの観測が広がり、前日3日のニューヨーク債券市場で米国債が買われた流れを継いだ。

 米欧の景気先行き不安が広がり、日本だけでなく世界でデフレ懸念が台頭している。運用難に苦しむ銀行勢の資金が国債市場に流入する状況が続いており、市場では「金利低下の流れは簡単に断ち切れそうにない」(国内証券)との見方が出ている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below