August 5, 2010 / 10:03 AM / 10 years ago

回復顕著な素材関連メーカー、中国向けも再び上向く気配

 水野 文也記者 

 8月5日、中国などアジアのおう盛な需要を背景に、鉄鋼など素材関連メーカーの収益回復が顕著となっている。写真は安徽省で先月撮影(2010年 ロイター)

 [東京 5日 ロイター] 繊維、化学、鉄鋼といった素材関連メーカーの収益回復が顕著となっている。中国などアジアのおう盛な需要を背景にフル生産状態となる分野が多く、数量効果から採算性が急速に向上するケースが目立つ。

 下半期以降について慎重な見方が残るものの、引き締め策の影響が心配される中国向けについて、最近の鈍化は市況低下を見越した買い控えが要因で、製品によっては再び上向く気配があるなど、引き続き中国などアジアの需要に支えられる構図となりそうだ。 

 第1・四半期(4─6月)決算の総括について、グローバルに展開する素材関連メーカーの幹部に聞いたところ「世界経済など事業環境が期初に想定したよりも良かった」(帝人(3401.T)の片山隆之副社長)といった感想が多かった。とくに、数量の伸びで目立つのは中国などアジア向け。業界からは「石油化学製品は原料ナフサ価格の上昇を受け売価が上昇した上に数量も増加。液晶関連など情報電子化学は販売価格は弱含みだが、中国アジア向けを中心に好調に推移している」(住友化学(4005.T)の野崎邦夫常務)との声が出ていた。 

 好調な製品は石油化学、電子材料、繊維原料などあらゆる分野に及び、各社の生産は繁忙状態となっている。リーマンショック後の需要落ち込みで稼働率が急速に低下した状態から様変わりし、企業の間からは「グローバルシェアで42%の電解コンデンサ向け高純度箔は足元でフル操業。数カ月はタイトなコンディションが続く」(昭和電工(4004.T)の野村一郎CFO)、「繊維でベンベルグが内外向けに好調でフル生産となっている」(旭化成(3407.T)の藤原孝二常務)などという。また、おう盛な需要は市況上昇につながり、石油化学製品を中心に原料価格と販売価格のスプレッドが改善、これも利益を押し上げる要因となっている。 

 もっとも、下半期以降については「補助金打ち切りに伴う自動車減産の影響や、米国や中国の経済環境が心配。ドル/円を90円で想定した為替相場も注視する材料だ」(三菱ケミカルホールディングス(4188.T)の吉村章太郎専務)などのリスク要因から慎重にみる企業がほとんど。三菱ケミカルや旭化成は上半期予想について上方修正しながら、通期見通しを据え置いたほか、アジア向けの好調などで通期予想を上方修正したクラレ(3405.T)も、上半期の増額分を上乗せしただけにとどめた。化学メーカーでは、下半期から中東産の低コスト品が出回ると想定されており、これが市況面での不安材料となっている。 

 そうした中で、とりわけ注目されているのが引き締め策の影響などにより調整局面に入ったとの見方もある中国向けの動向。「中国が失速したら、日本のマーケットはおしまいとなる」(東ソー(4042.T)の太田垣啓一副社長)といった声も出ているだけに、中国向け製品が足元で鈍化の兆しも出ていることが株式市場で警戒されている。 

 ただ、この点に関して「中国のトレーダーは買い控えていた様子で、需要の減速感はない。直近では、一部製品の市況も再び上昇してきた」(昭和電工の野村CFO)、「中国はナフサなどの先安観から買い控えた様子。6─7月には塩ビ製品を買い控える動きもあったが、需要そのものは相変わらずおう盛」(東ソーの太田垣副社長)などの指摘があった。宇部興産(4208.T)では主力商品であるカプロラクタムが「中国顧客の購買意欲が思いのほか強い。一時は調整局面入りかと思っていたものの、下半期以降も引き合いが強そう」(泉原雅人執行役員グループCFO)とされ、鈍化傾向にあったのが7月以降は急速に回復している。 

 新日本製鉄(5401.T)の谷口進一副社長も中国に関して「淘汰が進み、能力削減が見えてくれば調整から抜け出るだろう。下期に入り調整局面から抜け出れば、鉄鋼市況も上がり、鋼材価格も上げていける」と指摘するなど、下半期以降も中国などアジアの需要動向が収益を左右することになりそうだ。

  (ロイター日本語ニュース 編集 石田仁志)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below