August 11, 2010 / 1:01 AM / 9 years ago

再送:トヨタの電子制御システム、問題見つからず=米運輸省

 8月10日、米運輸省は、トヨタ自動車の電子制御システムに問題は見つからなかったと発表。写真は同社ロゴ。シカゴで2月撮影(2010年 ロイター/John Gress)

 [ワシントン 10日 ロイター] 米運輸省は10日、トヨタ自動車(7203.T)のリコールをめぐる問題で、データレコーダーを調査した結果、電子制御システムに問題は見つからなかったことを明らかにした。

 ラフード運輸長官と同省幹部が議会に対して調査結果を報告した。それによると、トヨタ車の急加速について、58台のデータレコーダーを調べたが、アクセルペダルが戻りにくくなる問題やアクセルペダルがフロアマットに引っかかる問題以外に新たな原因は特定できなかったとしている。 

 米道路交通安全局(NHTSA)によるデータレコーダーの分析は、電子制御システムの問題が急加速の報告や事故の原因になったかどうかをめぐる当局や専門家による調査の一環。

 意図せぬ急加速が原因で事故を起こしたとされる車両のデータレコーダーをNHTSAが分析した結果、58件中35件でブレーキを踏んでいなかったことが明らかになり、運転ミスの可能性が示された。レコーダーに何も記録されていなかったケースは5件あった。

 米運輸省のオリビア・アレア報道官は「データレコーダーの分析はトヨタ車の意図せぬ急加速問題の原因究明に向けた(政府の)取り組みのごく一部だ」とした上で、「調査初期段階の現時点では、エンジニアは新たな安全上の欠陥を特定していない」と述べた。

*見出しを修正して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below