August 13, 2010 / 12:01 AM / in 9 years

米エヌビディア第2四半期は赤字拡大、第3四半期は回復へ

 [サンフランシスコ 12日 ロイター] グラフィックス・メディア・通信用半導体メーカーのエヌビディア(NVDA.O)が発表した第2・四半期(8月1日終了)決算は、赤字幅が拡大した。また、同社が示した第3・四半期の売上高見通しは市場予想を下回った。ただ、株価は時間外取引で約4%上昇している。

 同社は第3・四半期の利益率について、46.5─47.5%に回復するとの見通しを示した。従来予想は約46%だった。

 第2・四半期の純損益は1億4100万ドル(1株当たり0.25ドル)の赤字。前年同期は1億0530万ドル(同0.19ドル)の赤字だった。

 売上高は8億1120万ドル。エヌビディアは7月、第2・四半期の売上高見通しを従来予想の9億5000万─9億7000万ドルから8億─8億2000万ドルに大きく下方修正していた。

 同社は第3・四半期の売上高について、前期比3─5%増と予想。これは、金額にすれば8億3550万─8億5180万ドルになる。決算発表前にトムソン・ロイターが実施した調査では、アナリストは8億8400万ドルとの予想を示していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below