August 16, 2010 / 1:09 AM / 10 years ago

4─6月期実質GDPは年率+0.4%、予想大きく下回る

 8月16日、4─6月期実質GDPは前期比+0.1%、年率+0.4%に。川崎市で2008年11月撮影(2010年 ロイター/Toru Hanai)

 [東京 16日 ロイター] 内閣府が16日発表した2010年4―6月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比プラス0.1%、年率換算プラス0.4%となり、1―3月期の前期比プラス1.1%からプラス幅が縮小した。増加は3四半期連続。

 ロイターの事前調査では、4―6月期の実質GDPの予測中央値は前期比プラス0.6%、年率プラス2.3%だったが、これを大きく下回った。

 一方、名目成長率は前期比マイナス0.9%で、3四半期ぶりに減少した。

 GDPデフレーターは前年同期比マイナス1.8%となり、5四半期連続のマイナス。国内需要デフレーターは同マイナス0.8%だった。

 2010年度の残り3四半期がゼロ成長だった場合の10年度の成長率は、プラス1.4%。政府経済見通しの2010年度実質成長率(プラス2.6%程度)の達成には、今後各四半期プラス0.8%程度の成長が必要となる。

 16日の東京市場では、寄り付きの日経平均株価が反落。円高警戒や景気先行き不透明に加え、4―6月期GDPが市場予想を下回ったこともネガティブ要因となっている。

 株式市場ではGDPについて「外需も予想よりも弱かったが、それ以上に内需の弱さが目立つ。景気の先行き不透明感が強まっているほか、設備投資の弱さは円高で国内から海外に投資姿勢がシフトしている可能性もあろう。政策効果が減少していくなかで内需の予想以上の弱さは株価へのネガティブ要因になりそうだ」(コスモ証券・投資情報部担当課長の田口はるみ氏)との声が出ている。

  (ロイターニュース 武田晃子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below