August 16, 2010 / 4:20 AM / 10 years ago

GDPで強まる景気下振れリスク、政策対応を求める声も

 [東京 16日 ロイター] 16日の東京市場は株安/債券高。10年最長期国債利回り(長期金利)は一時0.950%と7年ぶりの水準に急低下した。

 8月16日、4─6月GDPが市場予想を大きく下回り、景気下振れに対する懸念が強まっている。写真は9日、両替商で撮影された1万円札(2010年 ロイター/Yuriko Nakao)

 4─6月期国内総生産(GDP)が市場予想を大きく下回ったことが材料視された。先行きについても海外景気の減速や為替の円高、エコポイント関連の政策効果はく落などのリスク要因を意識。景気下振れに対する懸念が強まっている。為替の円先高観が根強い中、政府・日銀の政策対応を求める声が出ており、国内経済は正念場を迎えようとしている。 

 <株式市場は幅広い銘柄に売り、日経平均9000円割れを意識> 

 4―6月期実質GDPは前期比プラス0.1%と市場予想のプラス0.6%を大幅に下回った。名目では同マイナス0.9%と大幅に落ち込み、名目換算ドルベースで中国を下回った。「市場予想よりも弱かったのは設備投資や在庫などが伸びなかったためだ。企業マインドが慎重だったことを示している。外需も予想よりも弱かったが、それ以上に内需の弱さが目立つ。景気の先行き不透明感が強まっているほか、設備投資の弱さは円高で国内から海外に投資姿勢がシフトしている可能性もある」(コスモ証券投資情報部担当課長の田口はるみ氏)との指摘が出ている。

 内閣府の津村啓介政務官は、GDPの発表を受けて個人消費と設備投資の伸び悩みが今後、海外景気の減速や為替の円高、政策効果のはく落という3つのリスク要因で下振れしやすい景気環境にあるとの認識を示し「自律的回復の芽が今後摘まれていくことを懸念する状況」と指摘した。その上で、景気について「ある意味では既に踊り場入りしているということも言えるかもしれない」と述べた。 

 GDPを受けて、株式市場では幅広い銘柄に売りが先行した。「衆参のねじれ国会で早期の政策発動も期待しにくく、買い手がかりは乏しい。このところ下値で国内年金の買いが目立っていたが、どこまで続くか分からない」(東海東京証券エクイティ部部長の倉持宏朗氏)との声が出ている。

 インベストラスト代表の福永博之氏は「GDPの予想下振れで円は売られず、株だけ売られている。株は失望売り、円は政策が出ないという観測で買われているようだ。まだ投げ売りには至っていないものの、上値の重さや反発力の弱さはすでに表れている。為替に対する政府・日銀の早急な対応が求められる。1ドル84円台に円高が進めば、日経平均は9000円割れとの意識が市場では強まっている」とみている。 

 <長期金利が7年ぶりの低水準、銀行勢が買い>

 円債市場は堅調。日銀の追加緩和期待から5年債利回りが0.270%までに低下。長期金利は一時、前週末比3bp低下の0.950%と、2003年8月13日以来の低水準を付けた。買いの主体は銀行勢。バンク・ディーリングの様相を強めている超長期ゾーンにも買いが入った。

 みずほインベスターズ証券・チーフマーケットエコノミストの落合昂二氏は「想定よりも4―6月期のGDPの成長率が低かったため、株安とともに債券が買われる自然な反応となった。外需の落ち込みリスクが高いなどの理由から7─9月期に関しても明るい展望が描けない」と話す。その上で今後の相場展開に関しては「足元では金利低下の流れは続いていく。ただ、景気の後退観が予想以上に強まると追加の経済対策ということになり、金利上昇要因が発生することも考えられ、一方的な金利低下は難しいのではないか」との見方を示している。

 また大和住銀投信投資顧問・債券運用部第一グループファンドマネージャーの奥原健夫氏は、国内景気の先行きについて「今夏の猛暑による消費かさ上げ効果に期待もあるが、円高や海外経済減速などのリスク要因を意識せざるを得ない」とした上で「一段の円高局面があれば、日銀による何らかの追加流動性政策に対する期待が高まるだろう。今後、中国経済の減速感が強まれば、国内景気も二番底に陥る可能性も否定できない」と指摘する。

   (ロイター日本語ニュース 星 裕康記者 編集 宮崎亜巳)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below