August 17, 2010 / 4:36 PM / 10 years ago

7月の米住宅着工件数は予想下回る伸び、許可件数は14カ月ぶり低水準

 [ワシントン 17日 ロイター] 米商務省が17日発表した7月の住宅着工・許可統計は、着工件数が季節調整済の年率換算で前月比1.7%増の54万6000戸となった。前月から増加に転じる一方、伸びは予想を大きく下回った。

 8月17日、7月の米住宅着工件数は季節調整済の年率換算で前月比1.7%増の54万6000戸となった。前月から増加に転じる一方、伸びは予想を大きく下回った。ノースカロライナ州の建設現場。4月撮影(2010年 ロイター/Chris Keane)

 ロイターがまとめたアナリスト予想は56万戸だった。

 前年比では7%減少した。

 6月分は前回発表の前月比5%減から同8.7%減に下方修正された。

 一方、将来の住宅建設動向を示す許可件数は前月比3.1%減の年率56万5000戸と、2009年5月以来の低水準となった。アナリスト予想では58万戸に減少するとみられていた。

 6月は1.6%増加していた。

 LPLフィナンシャル(ボストン)のエコノミスト、ジョン・カナリー氏は今回のデータが景気の足踏みを示していると指摘。「われわれは引き続き、状況は二番底ではなく成長の減速とみている。ただ、今後より良い内容の経済指標が示されなければ、時間とともに懸念は強まるだろう」と述べた。

 着工件数は、振れの大きい集合住宅が前月比32.6%増の年率11万4000戸と増加し、全体を押し上げた。

 1戸建て住宅着工件数は前月比4.2%減の年率43万2000戸で、09年5月以来の低水準となった。

 建設が完了した住宅件数は32.8%減と過去最大の減少率を記録。年率で58万7000戸と、過去最低水準となった。

 建設中の住宅件数は1.1%減少し44万4000戸と、過去最低水準を更新した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below