August 24, 2010 / 4:29 PM / 10 years ago

7月米中古住宅販売、15年ぶり低水準

 7月24日、7月米中古住宅販売戸数は1995年5月以来15年ぶりの水準に落ち込んだ。写真は23日、バージニア州グレート・フォールズの販売物件を撮影(2010年 ロイター/Kevin Lamarque)

 [ワシントン 24日 ロイター] 全米リアルター協会(NAR)が24日発表した7月の中古住宅販売戸数は、年率換算で前月比27.2%減の383万戸となり、1995年5月以来の水準に落ち込んだ。

 ロイターがまとめたアナリスト予想は12%減の470万戸だった。

 6月は526万戸と、前回発表の537万戸から下方修正された。

 バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのシニア米国エコノミスト、ミシェル・メイヤー氏は「これは懸念すべき結果で、(政府による住宅購入者向けの)税控除措置の期限切れに伴い市場が不安定になっていることを反映してはいるものの、根底にある住宅需要が減退していることを示している」と述べた。

 そのうえで「全般的な経済と住宅市場の危険なリンクは、住宅価格にある。今回の結果は、住宅価格が一段と速いぺースで下落することを示しており、これにより経済が再びリセッション(景気後退)に陥る恐れもある」との懸念を示した。

 政府による住宅購入者向け税控除措置が4月末に期限切れとなって以来、米住宅市場は不振に陥っている。

 7月は中古住宅販売戸数の落ち込みに伴い、在庫が398万戸と前月比2.5%増加した。7月の販売ペースで12.5カ月分の供給に相当し、少なくとも1999年以来の高水準となり、健全な水準とされる6─7カ月分のほぼ倍となった。

 7月に販売された中古住宅のうち、22%が差し押さえ物件だった。また、初回住宅購入者による購入は全体の38%にとどまり、過去1年で最低となった。

 全国の中古住宅価格の中央値は18万2600ドルと、前年同月比0.7%上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below