Reuters logo
ヘッジ付き外債ファンドに注目集まる、投資家のリスク許容度低下で
2010年8月26日 / 07:42 / 7年後

ヘッジ付き外債ファンドに注目集まる、投資家のリスク許容度低下で

 岩崎 成子記者

 [東京 26日 ロイター] 日米金利差縮小や急激な円高などで、足元の投資環境が激変している。日本からみた対先進国金利のヘッジコストがほぼゼロという投資環境下、為替変動による資産のき損を嫌うリスク許容度の低い投資家の間で、ヘッジ付き外債ファンドが注目されている。

 円ベースでの安定した投資成果を選好する投資家が増えており、来年から始まる個人向け国債の償還の受け皿として、運用各社の設定や販売会社の取り扱いが相次ぐ国内債券ファンドと合わせ、存在感を増してきている。

 <ヘッジ付き外債ファンドに継続した資金流入>

 大手証券の投資相談窓口の担当者によると「リーマン・ショック後、それまであまり人気のなかった為替ヘッジありの商品が売れるようになった。急激な円高を経験して以降、為替リスクを避けるニーズが高まったのは事実だ」という。

 野村総合研究所によると、ヘッジ付き外債ファンドの残高は7月末時点で約5340億円。09年末の約4150億円から約28.7%増加した。08年末は約2102億円だった。

 資金フローも、08年末までは毎月60億円近い流出超となっていたが、09年初から流入超に転じ、09年は月平均140億円を超える資金が、10年に入って月平均150億円を超える資金が純流入している。

 運用会社関係者も「足元の日米金利差はあってなきが如く縮小しており、為替ヘッジコストがほぼゼロという未曾有の状況下、ヘッジ付きの外債ファンドに投資する妙味は高い」(フィデリティ投信、商品マーケティング部長の太田創氏)としている。

 ヘッジ付外債ファンドと言えば、今、人気の通貨選択型ファンドの円コースもこのカテゴリーに分類される。ヘッジ付き外債ファンドの上位には、新光投信の通貨選択型「みずほハイブリッド証券ファンド(通貨選択型)円コース」(残高648億円、8月24日時点)や三菱UFJ投信の「三菱UFJ新興国債券ファンド通貨選択シリーズ<円コース>(毎月分配型)」62007017JP(同456億円)、パインブリッジ・インベストメンツ「パインブリッジ米国優先証券ファンド<ラストリゾート>」62004084JP(同292億円)などが名を連ね、上位10本中5本が通貨選択型になっている。

 「通貨選択で人気通貨のブラジルレアルや豪ドルコースのファンド規模に比べれば、円コースの規模はまだまだ小さい。それでもヘッジ付き外債ファンドの上位に顔を出す背景には、安定した投資成果を選好する投資家の期待があるのではないか」(外資系投信)との見方もある。

 <投資家への地道な説明、ヘッジ付き外債ファンドへの投資喚起に>

 一方、銀行では国内債券ファンドの採用が相次いでいる。来年から始まる国債償還に備え、その受け皿となる投資商品のラインナップ拡充に動き出しているためだ。「証券会社ほどではないものの、高い分配金水準を追求する傾向が強まる一方で、為替リスクを嫌う投資家の円ベースものに対する需要は着実に増えてきている」(国内投信銀行担当者)。リーマン・ショック以降、銀行では説明しやすく、投資家に分かりやすいシンプルな投資商品が選好されてきた。しかし、「為替リスクがないという前提に立てば、国内債券ファンドよりも利回りの高いヘッジ付き外債ファンドは、魅力ある投資先のひとつになり得る」(同)、「ほぼゼロのコストで為替ヘッジが付く=円高を恐れるに及ばないという事実を、個人投資家は意外と認識していないのではないか」(前出の太田氏)との指摘もある。業界関係者の間では、投資環境や為替ヘッジの仕組みの説明を地道に続けていくことで、投資家にとって商品提供の機会が広がると同時に、ヘッジ付き外債への投資喚起になるとみている。

 (ロイター日本語ニュース 編集:山川薫)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below