August 26, 2010 / 7:52 AM / 9 years ago

米国、トリプルA格付け維持に向けた措置必要―S&P=通信社

 8月26日、S&Pのチャンバース氏は、米政府は「AAA」格付けを維持するために措置を講じる必要があるとの見解を示した。葉シンはホワイトハウス。6月撮影(2010年 ロイター/Larry Downing)

 [香港 26日 ロイター] 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)のソブリン格付け委員会のジョン・チャンバース委員長は、26日に掲載されたダウ・ジョーンズ通信とのインタビュー記事の中で、米政府は「AAA」格付けを維持するために措置を講じる必要があるとの見解を示した。

 同委員長は、オバマ大統領が設置した財政再建に向けた超党派委員会の勧告に対応して講じられる措置が、米国の信用格付けについてS&Pが取る見解に非常に重要となると指摘。「議会が、委員会の勧告について慎重に検討することが米国の信用格付けにとって非常に重要だ。議会にとって必要な措置を取ることがとても大切だ」と語った。

 S&Pは、米国の格付けを「AAA」に据え置いている。見通しは「安定的」。ただ、S&Pはこれまでに、米国の巨額の赤字と債務負担について米政府の難題と指摘し、繰り返し警告している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below