September 10, 2010 / 4:48 AM / 9 years ago

米アップルがソフト開発規制を緩和、アドビ株急騰

 9月9日、アップルは「iPhone(アイフォーン)」と「iPad(アイパッド)」向けのアプリケーションソフトの開発規制を緩和する方針を示した。写真はニューヨークで7月撮影(2010年 ロイター//Lucas Jackson)

 [サンフランシスコ 9日 ロイター] 米アップル(AAPL.O)は9日、「iPhone(アイフォーン)」と「iPad(アイパッド)」向けのアプリケーションソフトの開発規制を緩和する方針を示した。

 これを受け、文書処理ソフト大手アドビ・システムズ(ADBE.O)の動画再生技術「フラッシュ」などの利用が認められるとの見方が広がり、9日のナスダック市場ではアドビ株が12%以上急伸した。

 アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は、これまで「フラッシュ」の性能を厳しく批判しており、従来の方針を180度転換したことになる。

 アップルに対しては、ソフト開発業者から開発規制が厳しすぎる批判が出ていた。同社はこれまで、「iPhone」と「iPad」の基本ソフト(OS)である「iOS」上で起動するアプリケーションソフトに、「フラッシュ」などの技術を使用することを事実上禁じていた。

 グリーチャー&Coのアナリスト、ブライアン・マーシャル氏は、アップルはソフト開発業者から批判が強まったことに対応したのだろうと指摘。

 これまで、多くのソフト開発業者はiOSとグーグル(GOOG.O)の携帯電話向けOS「アンドロイト」向けに異なるバージョンのソフトを作成する必要があった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below