September 28, 2010 / 12:41 AM / in 9 years

世界は「通貨戦争」状態にある=ブラジル財務相

 9月27日、ブラジルのマンテガ財務相は、世界は「国際的な通貨戦争」状態にあると述べた。8月撮影(2010年 ロイター/Paulo Whitaker)

 [サンパウロ 27日 ロイター] ブラジルのマンテガ財務相は27日、各国政府は輸出競争力強化のために自国通貨を操作しており、世界は「国際的な通貨戦争」状態にあると述べた。

 産業界指導者への講演で述べた。日本や中国など最近の為替介入に関する最近の高官発言の中では最も強い内容となった。

 ゴールドマン・サックスは、ブラジルの通貨レアルは世界の主要通貨で最も過大評価されていると指摘している。

 レアルは対ドルで10カ月ぶり高値付近の水準にある。同財務相の発言後も、政府の行動は10月3日の大統領選挙の結果判明後となるとの見方を背景に上昇を続けた。

 マンテガ財務相は「われわれは国際的な通貨戦争の真っ只中にある。競争力が奪われ、われわれにとって脅威だ」と述べた。

 また貿易競争を激化させているとの見解から米国、欧州、日本に言及し「先進国は自国通貨を押し下げようとしている」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below