September 28, 2010 / 5:51 AM / 9 years ago

月次の鉄鉱石価格設定への移行、鉄鋼業界を不安定に=英豪リオ幹部

 [大連(中国) 28日 ロイター] 英豪系資源大手リオ・ティント(RIO.L)(RIO.L)の鉄鉱石部門幹部は28日、鉄鉱石の価格交渉について、月次の価格設定への変更は、鉄鋼業界を不安定にするとの見解を示した。

 同社鉄鉱石部門で販売・マーケティングのマネジングディレクターを務めるワーウィック・スミス氏は、会議の合間に記者団に対し「今年度に関しては、四半期ごとの価格設定システムを試してみるというのがわれわれの考えだ」と説明。「年間から四半期ごとの価格設定へと移行した今、さらに月次の価格設定に変更すれば、不安定な状況を招く」と述べた。

 その上で同氏は、アジアの顧客と協議しているが、短期の価格設定システムへの変更を誰にも「強要」していないと言明。「月次契約に関しては全く協議されていない」と主張した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below