September 28, 2010 / 10:47 AM / 8 years ago

東宝、国際放をTOBで完全子会社化

 [東京 28日 ロイター] 東宝(9602.T)は28日、国際放映9604.Qに対し株式公開買い付け(TOB)を行い完全子会社化すると発表した。買い付け価格は1株100円。

 東宝はグループ会社と共同で国際放映の株式を51.4%保有しているが、経営環境が短期的に改善しない見通しのなかでは単体で合理化を進めても大幅な改善は難しく、完全にグループ傘下に入り、中長期的視点で抜本的な対策を行う。

 買い付け期間は9月29日から11月11日の30営業日。買付け予定数の上限と下限は設定せず、応募のあった株式をすべて買い取る。すべて買い取れなかった場合は、少数株主に対し株式売却の機会を提供しながら、発行済み株式すべてを取得することを目指す。

 公開買付け代理人は、大和証券キャピタル・マーケッツと大和証券。

 一定の割合で株式を保有するフジ・メディア・ホールディングス(4676.T)(6.38%)、関西テレビ放送(2.98%)、電通(4324.T)(2.04%)などからは、TOBに応募するとの同意を得ている。

 TOBの価格について東宝は、第三者算定機関として大和証券キャピタル・マーケッツを起用した。TOB価格の100円は、9月27日までの国際放映の6カ月間の終値平均に8.7%のプレミアムを加えた水準。

 一方、国際放映は、三菱東京UFJ銀行に株式価値の算定を依頼し、株式価値算定書を取得した。TOB価格の公正性に関する意見(フェアネス・オピニオン)は取得していない。リーガルアドバイザーは東宝が西村あさひ法律事務所、国際放映がTMI総合法律事務所。

(ロイターニュース 江本 恵美)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below