October 19, 2010 / 2:08 PM / in 8 years

米FRBのQE2は大規模であるべき─アトランタ連銀総裁=TV

 [ワシントン 19日 ロイター] 米アトランタ地区連銀のロックハート総裁は19日、連邦準備理事会(FRB)による追加緩和措置は需要押し上げに十分な規模でなくてはならないとし、毎月の債券買い入れ規模が1000億ドル相等になる可能性がある、との見解を示した。

 総裁はCNBCとのインタビューで「QE2(量的緩和第2弾)を実施することになれば、効果を発揮するのに十分なほど大規模な措置である必要がある」と語った。

 買い入れ規模の1000億ドルについては「単月の数字としては、前回実施された量的緩和とほぼ一致しており、第2弾もこのレンジになると想定されるだろう。しかし、第2弾の措置が総額で約1000億ドルになるとの見方は、あまりにも小規模と考える」と述べた。

 総裁はさらに「同措置に伴うリスクは許容範囲と考える。量的緩和は非常に遅いペースとなっている景気回復を支え、経済動向を全般的に支援することになる」とし、景気下支えに向けた追加緩和を支持する考えに傾いていると語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below