October 22, 2010 / 5:44 AM / 10 years ago

「ヒートテック」、2015年には中国外生産比率50%へ=東レ

 10月22日、東レの杉本副社長は、ファーストリテイリングと共同開発した「ヒートテック」について、2015年ごろには中国外での生産比率を50%に引き上げる考えを示した。写真は都内のユニクロの店舗で1月撮影(2010年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [東京 22日 ロイター] 東レ(3402.T)の杉本征宏副社長は22日の記者会見で、ファーストリテイリング(9983.T)と共同開発した機能性インナー「ヒートテック」の生産について、2015年ごろには中国外での生産比率を50%に引き上げる考えを示した。

 編み・染め・縫製は中国で集中して行ってきたが、2008年には協力縫製工場をベトナムにシフト。さらに、2010年4月にはバングラディシュで編み・染め・縫製の一貫工場が稼働したという。杉本副社長は「中国外での生産拡大・強化は喫緊の課題」と指摘し、「中国での生産は現状を維持し、今後の拡大は、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピンなどのASEAN地域とバングラデシュなどを生産拠点とし、2015年ごろには、中国以外での機能性インナーの生産比率を現行の20%強から50%に高める」と述べた。

 バングラデシュの新工場は、現在、ヒートテック生産の拠点となっており「第2期分も建屋は完成しており、来年には設備を導入したい」(杉本副社長)としている。

 「ヒートテック」は2003年から販売を開始し、すでに累計で1億枚以上を販売している。今秋冬シーズンは、前年比1.4倍の7000万枚の販売を計画している。このうち、10―15%は海外での販売になるという。

 ファーストリテの柳井正会長兼社長は、中国でのビジネス展開について「今回のデモは一部の人だけ。1店舗は半日店を閉めたが、それ以外の影響はない」と述べ、計画に変わりがないことを強調。そのうえで「それぞれの国がそれぞれの国の企業を保護するのではなく、ビジネスがやり易いようにすることは国の義務」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below