October 22, 2010 / 11:27 PM / 9 years ago

バンカメやシティ含む米銀の格付け引き下げも=フィッチ

 [ニューヨーク 22日 ロイター] 格付け会社フィッチ・レーティングスは22日、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N)やシティグループ(C.N)など、複数の米銀の信用格付けもしくはサポート格付けを引き下げる可能性があるとの見方を示した。

 フィッチはこれに先立ち、米金融規制改革法(ドッド・フランク法)の下で、新たに提案された銀行に関するルールが、バンカメやシティなどの米金融機関の格付けに影響する可能性があるとの見解を発表した。

 米連邦預金保険公社(FDIC)は前週、どのように「システム上重要な」銀行や金融機関を特定していくかについて暫定的なルールを発表した。 

 フィッチは、バンカメとシティは「米政府の支援による恩恵を受ている」ことから、両行への影響が最大になるとの見通しを示した。 

 また、JPモルガン・チェース(JPM.N)、ウェルズ・ファーゴ(WFC.N)、USバンコープ(USB.N)、フィフス・サード・バンコープ(FITB.O)、コメリカ(CMA.N)、サントラストSTI.N、キーコープ(KEY.N)、リージョンズ・バンク[RFGBK.UL]、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン[BKNYK.UL]、ステート・ストリート・バンク[STTBT.UL]、もしくはこれらの子会社のサポート格付けを引き下げる可能性がある、とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below