November 12, 2010 / 12:39 AM / 8 years ago

ハイチのコレラ死者800人に、米国にも感染拡大の恐れ=CDC

 11月11日、米疾病対策センターによると、ハイチのコレラ死者は800人に達し、米国など近隣諸国への感染拡大の恐れが出ている。10日撮影(2010年 ロイター/St-Felix Evens)

 [ポルトープランス 11日 ロイター] ハイチでコレラ感染が深刻化している問題で、米疾病対策センター(CDC)は11日、死者数がこれまでに800人に達したとし、米国など近隣諸国にも感染拡大のリスクがあるとの見方を示した。

 今年1月に大地震に見舞われたハイチでは、約1カ月前にコレラの流行が確認され、犠牲者の数が右肩上がりで増え続けている。

 CDCの疫学者エズラ・バージレー氏は、ハイチからの電話で「11月8日時点で死者数は640人前後だった。今日までに800人に達している」と報告。「状況は日々深刻化している。ハイチ国民は治療を待っている。病院はベッドが尽き、完全にあふれている」と述べた。また、飛行機で2時間足らずの米国など、ハイチの近隣諸国にもコレラ感染が拡大する恐れがあると指摘した。

 24万人以上のハイチ出身者が住むフロリダ州の保健当局によると、1月の大地震発生以降、救援活動などでハイチと米国を行き来する渡航者数が増加している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below