November 12, 2010 / 5:33 AM / 9 years ago

初飛行の仏大統領専用機、改良費膨張で野党が批判

 11月11日、仏政府が導入した新型大統領専用機が、サルコジ大統領を乗せて初飛行。9日撮影(2010年 ロイター/Philippe Wojazer)

 [パリ 11日 ロイター] フランス政府が導入した新型大統領専用機が11日、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)出席のために韓国に向かったサルコジ大統領を乗せて初飛行した。

 仏メディアが大統領にちなんで「エアー・サルコ」と呼ぶ同機は、トリニダード・トバゴのカリビアン航空から中古で購入したエアバスA330型機。改良によって、ミサイルを回避するシステムや通信機能、シャワー付きのベッドルームなどが備えられた。

 市場価値の半額程度の8400万ユーロ(約94億円)で購入された同機だが、こうした改良の結果、総額で1億7600万ユーロまで膨れ上がり、野党側は浪費だと批判を強めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below