November 26, 2010 / 10:15 AM / 9 years ago

アイルランドの銀行の債券保有者、救済コスト負担の可能性

 [ダブリン 26日 ロイター] アイリッシュ・タイムズ紙は26日、国際通貨基金(IMF)と欧州連合(EU)の当局者が、アイルランドの銀行の救済にあたり、いかにして優先債(シニア債)保有者に救済コストの一部負担を余儀なくさせることができるかを検討していると報じた。

 同紙は関係筋の話を引用し、いくつかの提案が検討されているとしている。考えられるスキームの1つは銀行債務の株式化で、2つ目は投資家に銀行への新規資金注入か、投資で損失を被るかを選ばせることだという。

 同紙によると、関係筋は、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会、欧州中央銀行(ECB)、IMFの代表の間には、優先債および劣後債(ジュニア債)の保有者はそれぞれ救済コストを分担すべきとの「共通認識」があると述べた。

 最初のステップは優先債の保有者に救済への参加を「説得」することで、「それが成功しなければ、問題は、いかにして法的に適切な方法で彼らに強制することができるか、ということになる」という。

 IMFとEUによる850億ユーロ程度のアイルランド支援策は、早ければ週末にも発表される可能性があるとみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below