November 30, 2010 / 5:50 AM / 8 years ago

サッカー=FIFA理事に新たな不正疑惑、英BBCが報道

 11月29日、英BBC放送は、FIFAの3理事に関する新たな不正疑惑について報じた。チューリヒで28日撮影(2010年 ロイター/Christian Hartmann)

 [チューリヒ 29日 ロイター] 英BBC放送は29日、国際サッカー連盟(FIFA)の理事3人に関する新たな不正疑惑について報じた。

 不正疑惑を報じられたのは、アフリカ・サッカー連盟のイッサ・ハヤトウ会長のほか、ブラジル・サッカー連盟のリカルド・テイシェイラ会長、南米サッカー連盟のニコラス・レオス会長の3理事。BBCが入手した内部機密資料によると、3人は1989年から1999年にかけて、FIFAの元マーケティング企業ISLから計175回にわたり、わいろを受け取っていたという。

 3人は12月2日に行われる2018年と2022年のワールドカップ(W杯)開催地決定の投票権を持っている。

 BBCはまた、FIFAのジャック・ワーナー副会長が今年開催されたW杯南アフリカ大会の入場券転売に関与したとも報じている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below