for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2022年サッカーW杯はカタールで開催、日本落選

 12月2日、国際サッカー連盟(FIFA)は2022W杯の開催地をカタールに決定(2010年 ロイター/Fadi Al-Assaad)

 [チューリヒ 2日 ロイター] 国際サッカー連盟(FIFA)は2日、ワールドカップ(W杯)開催国を決める理事会の投票を行い、2018年W杯はロシア、22年W杯はカタールで開かれることが決定した。22年の開催地に立候補していた日本は落選した。

 FIFAのゼップ・ブラッター会長は開催国決定を受け、「われわれは新たな場所へ向かう。W杯がロシア、東欧で行われたことはなく、中東やアラブ諸国は長い間この瞬間を待ち望んでいた。サッカーの発展について話すことができ、自分は幸せな会長だ」とコメントしている。

 投票は、買収疑惑により活動停止処分を受けた2人を除く理事22人により、非公開で進められた。開催国を2大会同時に決める投票が行われたのは今回が初めて。

 18年W杯開催をめぐっては、ロシアのほか、イングランド、オランダ・ベルギー(共催)、スペイン・ポルトガル(共催)が立候補。22年大会では、カタールと日本のほか、オーストラリア、韓国、米国が名乗りを上げていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up