December 3, 2010 / 2:15 AM / 8 years ago

ウィキリークス、企業関係の内部告発資料も公開へ

 12月2日、「ウィキリークス」は、今後企業関係の内部資料も公開していく方針を明らかにした。写真は広報のフラフンソン氏。1日撮影(2010年 ロイター/Paul Hackett)

 [ロンドン 2日 ロイター] 米外交公電の公開で世界中で議論を巻き起こしている内部告発サイト「ウィキリークス」は2日、企業関係の内部資料も公開していく方針を明らかにした。広報担当のクリスティン・フラフンソン氏が述べた。

 ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジ氏は、11月29日発行の米誌フォーブスとのインタビューで、来年初めには大手米銀の内部文書を大量に公開すると発言。これを受け翌30日の米株式市場では、銀行大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N)がウィキリークスの標的になるとの懸念から3%下落した。

 ロンドンでのイベントに出席したフラフンソン氏は「将来的には、企業社会から出てくる情報も増えると信じている」とコメント。米銀の事業に関する情報を得ていることは確認したが、具体的な名前については明かさなかった。

 同氏は「進行中のプロジェクトについて通常はコメントしない。われわれは資料の公開前に時間をかけて精査するが、今回の資料にもそれは適用される」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below