December 13, 2010 / 11:01 AM / 8 years ago

LA映画批評家協会賞、「ソーシャル・ネットワーク」が4冠

 12月12日、ロサンゼルス映画批評家協会賞で、「ソーシャル・ネットワーク」が作品賞など4冠に輝いた。写真は同作品のデビッド・フィンチャー監督。パリで昨年1月撮影(2010年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

 [ロサンゼルス 12日 ロイター] ロサンゼルス映画批評家協会賞が12日に発表され、インターネット上の会員制交流サイト「フェースブック」の創業秘話を描いた「ソーシャル・ネットワーク」が作品賞に選ばれた。

 同作品のデビッド・フィンチャー監督は、フランス映画「Carlos(原題)」のオリビエ・アサイヤス監督と共に監督賞を受賞。「ソーシャル・ネットワーク」は脚本賞も獲得したほか、ロマン・ポランスキー監督の「The Ghost Writer(原題)」と並び音楽賞にも輝いた。

 男優賞と女優賞は、いずれも米国外の作品から選ばれ、主演男優賞は「英国王のスピーチ」でジョージ6世を演じた英俳優コリン・ファースが、主演女優賞はサスペンス映画「母なる証明」で主演した韓国の女優キム・ヘジャがそれぞれ受賞している。

 ロサンゼルス映画批評家協会賞は、必ずしも米アカデミー賞の指標と考えらるわけではないが、昨年は両方の賞で「ハート・ロッカー」が作品賞に選ばれていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below