December 21, 2010 / 7:23 PM / 8 years ago

ブラジルの資産家バチスタ氏、高速鉄道建入札への参加を検討

 12月21日、バロル・エコノミコによると、ブラジルの資産家、エイキ・バチスタ氏は2011年4月に予定されている高速鉄道建設入札への参加を検討している。写真はリオデジャネイロで開かれた投資に関するサミットで。5月撮影(2010年 ロイター/Sergio Moraes)

 [サンパウロ 21日 ロイター] ブラジルの資産家エイキ・バチスタ氏は2011年4月に予定されているリオデジャネイロとサンパウロを結ぶ高速鉄道建設計画の入札に参加することを検討している。地元紙バロル・エコノミコが21日、報じた。

 同紙によると、バチスタ氏が運営するEBX鉱業グループの関係者が、韓国の現代重工業(009540.KS)など22社で構成されるコンソーシアム(企業連合)と接触している。コンソーシアムは、EBXグループと建設計画で「提携」することに関心を示しているという。同紙は情報源を明らかにしていない。

 リオデジャネイロとサンパウロのEBX広報担当者からは報道の内容について確認は得られていない。 

 コンソーシアムは、現代重工業のほか、サムスン・グループ[SAGR.UL]傘下のサムスンSDS、LGグループ傘下のLG CNSなど韓国勢が中心。これまでのところ入札への参加を表明しているのは同コンソーシアムのみとなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below