December 22, 2010 / 6:53 AM / 9 years ago

三井物産、豪州の鉄鉱石積み出し港拡張で1000億円投資

 [東京 22日 ロイター] 三井物産(8031.T)は22日、英豪資源大手リオ・ティント(RIO.AX)と西豪州で共同運営している鉄鉱石事業「ローブ・リバー ジョイントベンチャー」で、鉄鉱石積み出し港のケープ・ランバート港の出荷能力を拡張すると発表した。三井物産は豪州子会社を通じて約12億5000万豪ドル(約1000億円)投資する。鉄鉱石の世界的な需要増に対応するのが狙い。

 同港の年間出荷能力を現在の8000万トンから1億3300万トンに引き上げる。ローブ事業にはリオ・ティントが53%、三井物産が33%それぞれ出資。今回の拡張投資総額は約37億8000万豪ドルを見込む。完工は2013年末の予定。 

 (ロイター日本語ニュース、浜田健太郎)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below