December 23, 2010 / 8:28 PM / 8 years ago

アイルランド政府、アライド・アイリッシュ銀に37億ユーロ注入へ

 12月23日、アイルランド政府はアライド・アイリッシュ・バンクスに37億ユーロの公的資本を注入する方針を発表。写真はダブリンの支店。11月撮影(2010年 ロイター/Cathal McNaughton)

 [ダブリン 23日 ロイター] アイルランド政府は23日、アライド・アイリッシュ・バンクス(AIB)ALBK.Iに37億ユーロの公的資本を注入する方針を発表した。これによって、同行は実質的に国有化されることになる。

 アイルランド政府と欧州連合(EU)・国際通貨基金(IMF)との支援合意に基づき、AIBは2月末までに狭義の中核的自己資本(コアTier1)を61億ユーロ(80億1000万ドル)積み増し、資本比率を14%に引き上げる必要がある。

 政府は国民年金積立基金(NPRF)からAIBに資本を注入し、NPRFは支援と引き換えにAIBの普通株を取得する。これによって、政府のAIB株式保有比率は現在の19%から50%近くに引き上げられる。

 NPRFはまた、AIBの議決権のない転換株式を取得する。転換後、政府の保有比率は約93%となる見通し。

 AIB株式は、アイルランドと英国の主要株式市場で上場廃止となる。

 同国のレニハン財務相は声明で、注入される資本はAIBが国内経済に寄与する上で不可欠との認識を示した。

 AIBの株価は資本注入に関する発表を受けて、一時19%下落した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below