December 29, 2010 / 12:02 AM / 8 years ago

米アップル、アプリからの個人情報流出でユーザーが提訴

 12月28日、米アップルの「iPhone」や「iPad」で利用する一部のアプリから個人情報が外部の広告会社に漏れているとされる問題で、2つのユーザーグループがアップルなどを提訴。写真はアップル社のロゴ。2005年11月撮影(2010年 ロイター/John Gress)

 [バンガロール 28日 ロイター] 米アップル(AAPL.O)の「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」で利用する一部の応用ソフト(アプリ)から、利用者の許諾なしに個人情報が外部の広告会社に漏れているとされる問題で、2つのユーザーグループがアップルなどを提訴したことが明らかになった。

 ユーザーグループは今月23日、利用者の許諾を伴わない個人情報流出の禁止や損害賠償を求めて米カリフォルニア州の連邦地裁に訴えを起こした。

 原告側の弁護士を務めるマジェド・ナカワティ氏は、ある段階で判事が2つの訴訟を併合する可能性もあると述べた。

 訴訟は、アップルのほか、アプリのメーカーも相手取っている。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は12月18日の記事で、スマートフォン(多機能携帯電話)のアプリが「広い範囲で日常的に」個人情報を共有している可能性があると報じた。同紙によると、iPhoneアプリからはグーグル(GOOG.O)の基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォンよりも多くのデータが送られている。

 ナカワティ氏は「グーグルのアンドロイド・プラットフォームについても検討しており、同社を相手取った訴訟の可能性も排除していない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below