January 24, 2011 / 7:43 AM / 9 years ago

メキシコ南部で麻薬組織の7人逮捕、大量殺人の容疑者も

 1月23日、メキシコ連邦警察が、南部のリゾート地アカプルコで麻薬組織のメンバー7人を逮捕していたことが分かった。写真は昨年11月、カンクンで警備にあたる治安当局者(2011年 ロイター/Gerardo Garcia)

 [メキシコ市 23日 ロイター] メキシコ連邦警察が、南部のリゾート地アカプルコで20日に麻薬組織のメンバー7人を逮捕していたことが分かった。政府が23日発表した。

 逮捕されたのは、麻薬犯罪組織「ベルトラン・レイバ」のメンバーで、今月初めアカプルコで起きた22人の殺人事件に関与したとされるホセ・ロサーノ容疑者も含まれている。同組織では、リーダーのアルトゥーロ・ベルトラン・レイバ容疑者が2009年12月に射殺されたことをきっかけに、内部分裂が生じている。

 メキシコでは、カルデロン大統領が2006年に麻薬犯罪撲滅を掲げて以来3万4000人以上が死亡しており、麻薬戦争は依然終息の兆しを見せていない。

 麻薬組織による残忍なニュースは観光業界にも打撃を与えており、メキシコへの一部サービスを打ち切る海外のクルーズ運営会社もあるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below