January 31, 2011 / 6:32 AM / 9 years ago

日経平均が続落、エジプト情勢の混乱受け売り優勢

 1月31日、東京株式市場で日経平均は続落。エジプト情勢の混乱を背景にリスク回避の動きが強まり、売り優勢となった。写真は昨年11月、都内で撮影(2011年 ロイター/Toru Hanai)

 [東京 31日 ロイター] 東京株式市場で日経平均は続落した。エジプト情勢の混乱を背景にリスク回避の動きが強まり、売り優勢となった。前週末の米国株式市場が大幅反落となったほか、外為市場で前週末から円高に振れていることも輸出関連株の重しとなり、指数の下げにつながった。

 日経平均は一時1万0200円を割り込んだが、中国株が強含んだことから下げ渋った。目先は地政学的リスクと世界的な株価の調整の流れをにらみながらの展開が予想される。

 東証1部騰落数は値上がり332銘柄に対し値下がり1233銘柄、変わらずが105銘柄。東証1部の売買代金は1兆4622億円。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below