January 31, 2011 / 11:45 PM / 8 years ago

東芝の米現地法人社員、女性差別で82億円求め提訴

 [ニューヨーク 31日 ロイター] 東芝(6502.T)の米国現地法人、東芝アメリカの社員は、同社が女性に不利な性差別をしたとして、同社を相手取り1億ドル(約82億円)の訴訟を起こした。

 訴訟を起こしたのは東芝アメリカの人事部マネジャー、エレイン・サイファース氏。同氏は、男性と同様の仕事をしている女性に対する東芝アメリカの給与や賞与が男性より低いと主張。さらに、女性をより低いポジションに就かせ、昇格では男性を優遇している、と主張している。

 同氏は、東芝が6年前に「男女平等オフィス(Gender Equality Office)」を設立したにも関わらず、女性マネージャーの数は驚くほど少なく、全世界で6273人いるマネージャーのうち女性が占める割合はわずか3.4%にとどまっている、としている。

 東芝の広報担当者は、係争中の訴訟についてはコメントしない、と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below