February 1, 2011 / 12:12 AM / 8 years ago

エジプト軍が「市民への武力不行使」宣言、表現の自由尊重

 1月31日、反政府デモが続くエジプトで、軍が「市民への武力行使はしない」と明言した。写真はカイロ市内を警備する軍兵士らの前を歩く家族(2011年 ロイター/Asmaa Waguih)

 [カイロ 31日 ロイター] 情勢が緊迫化するエジプトで31日、軍当局が市民に対して武力を行使しない方針を明らかにした。同国では先週からムバラク大統領の退陣を求める反政府デモが続いているが、軍当局が市民に対して発砲などを行わないと明言したのは初めて。

 軍当局は声明で、「街頭にいる軍部隊は、市民の安全を守るために警備している」と強調。その上で、軍当局はデモ参加者の要求が正当であることを理解しているとし、「平和的手段による表現の自由が保障されていることを支持する」との見解を示した。

 その一方で市民に対し、治安に影響を与えたり破損行為に訴えたりするような行動は慎むよう強く求めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below