February 1, 2011 / 3:07 AM / 9 years ago

訂正:豪北東部に大型サイクロン接近、「カトリーナ級」の勢力

 2月1日、豪北東部にカトリーナ級の勢力を持つ大型サイクロンが接近している。写真はサイクロン「ヤシ」をとらえた衛星写真。気象庁提供(2011年 ロイター)

 [キャンベラ 1日 ロイター] 大規模洪水により甚大な被害に見舞われた豪北東部クイーンズランド州に、新たに大型のサイクロンが接近している。2日遅くから3日未明にかけて同州沿岸に上陸する恐れがあり、最大風速は時速280キロと、2005年に米ルイジアナ州ニューオーリンズ(訂正)を襲ったハリケーン「カトリーナ」と同等の勢力が予想されている。

 また気象当局によると、大型サイクロン「ヤシ」は沿岸部を襲った後も強い勢力を保ち、内陸部の鉱山地域にも被害を与える恐れがある。クイーンズランド州のブライ首相は、記者団に「嵐は大型で人命を脅かすものだ」と述べた。

 同州経済は、豪国内総生産(GDP)1.3兆豪ドルの約5分の1を占め、同国の鉄鋼原料炭輸出の90%をまかなうが、昨年末からの大規模洪水で甚大な被害を受けている。

 また、クイーンズランド州沿岸部は、世界最大のサンゴ礁であるグレートバリアリーフを有するなど豪州随一の観光地でもあるが、ヤシは同地域を襲う熱帯性暴風雨としては史上最大の強さとなる可能性があり、観光産業も大きな打撃を受けるリスクがある。

 サイクロン上陸に備え、グレートバリアリーフへの発着地であるウィットサンデー島やケアンズの一部では住民らが避難しており、同州の石炭輸送鉄道QRナショナルQRN.AXは一部の運行を見合わせている。

*記事本文中の「ニューオーリンズ州」を「ルイジアナ州ニューオーリンズ」に訂正します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below