February 1, 2011 / 3:22 AM / 8 years ago

1月の食料価格、過去最高に近い水準に=FAOエコノミスト

 1月31日、FAOのエコノミスト、アブドルレザ・アッバシアン氏は、1月の世界の食料価格が、過去最高だった昨年12月に近い水準になるとの予想を示した。写真はコメをトラックに積む人たち。ジャカルタで1月撮影(2011年 ロイター/Enny Nuraheni)

 [ミラノ 31日 ロイター] 国連食糧農業機関(FAO)のエコノミスト、アブドルレザ・アッバシアン氏は31日、1月の食料価格指数の公表を前にロイターの電話インタビューに応じ、1月の世界の食料価格が、過去最高だった2010年12月に近い水準になるとの予想を示した。

 アッバシアン氏は「FAOの見通しでは、1月の指数は12月に非常に近く、わずかに下回る水準になる」と述べた。

 FAOは、穀物、油種製品、乳製品、食肉、砂糖の価格を基に毎月、食料価格指数を算出し公表している。2010年12月は214.7ポイントと、食糧危機の最中の2008年6月に記録した過去最高を塗り替えた。

 食料価格高は、チュニジアで民衆の大規模な抗議運動が起こり政権崩壊につながったうえ、いまエジプトに波及していることから、再び懸念要因として台頭している。

 先週の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でも、各国の首脳が食料価格の上昇が、社会不安、ひいては戦争につながりかねない、と警告を発した。

 アッバシアン氏がFAOの暫定的な推計として明らかにしたところによると、1月は、砂糖、一部穀物、油種の価格が12月を若干下回った。同氏は、FAOの指数は、スポット、現物価格を採用しており、1月に急伸した先物価格は採用していない、と述べた。

 1月は、米のトウモロコシおよび大豆の先物が2年半ぶりの高水準をつけたほか、小麦先物は27日に29カ月ぶり高値を付けた。粗糖先物も先週、30年ぶり高値近くに上昇した。

 FAOは2月3日に1月の食料価格指数を発表する。

 アッバシアン氏によると、FAOは、食肉項目の算定方法変更に伴い、1990年までさかのぼり指数を見直す。ただ、2010年12月が過去最高、その次が2008年6月という記録が変わることはない、としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below