February 2, 2011 / 12:33 AM / 9 years ago

米グーグル幹部がエジプトで行方不明、ツイッターで政府批判か

 2月1日、反政府デモが続くエジプトで、グーグルの幹部の行方が分からなくなっていることが明らかに。写真は昨年5月、チューリヒで撮影(2011年 ロイター/Arnd Wiegmann)

 [サンフランシスコ 1日 ロイター] インターネット検索サービス大手の米グーグル(GOOG.O)は1日、エジプトに滞在していた同社の中東・北アフリカ地域担当マーケティング部門責任者と連絡が取れない状態が続いており、捜索を開始したことを明らかにした。

 事情に詳しい関係筋によると、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに駐在するWael Ghonim氏は、「個人的な理由」でエジプトの首都カイロを訪問。1月27日夜から行方不明となっている。

 簡易ブログ「ツイッター」では先週、ユーザー名をWael Ghonimとする人物がエジプト政府を批判する投稿をしていたことが明らかになっている。1月27日の投稿では「エジプト政府が取り始めた対応策はばかげており、国民による抗議活動を拡大させるだけだ」と政府を強く非難していた。

 一方、グーグルは声明で「当社にとって社員の安全は非常に重要」と強調。同氏の所在について情報提供を求めた。カイロにある同社オフィスは現在、安全確保のため閉鎖されている。

 グーグルは1月31日、大規模な反政府デモが続いているエジプトで、インターネットに接続しなくても「ツイッター」に投稿できるサービスを立ち上げたと発表。同国ではデモ拡大を受けて、各地でインターネットが使用できなくなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below