February 3, 2011 / 5:42 AM / 9 years ago

米グーグルがタブレット用OS発表、アップルiPad追撃へ

 2月2日、米グーグルが、タブレット型端末向けに開発された新しい「アンドロイド」を発表した。写真は新型OSを搭載した端末(2011年 ロイター/Beck Diefenbach)

 [マウンテンビュー(米カリフォルニア州) 2日 ロイター] 米グーグル(GOOG.O)は2日、携帯端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」のタブレット版を発表した。開発コードネームは「ハニーコム」。

 米アップル(AAPL.O)の「iPad(アイパッド)」が圧倒的優位に立っているタブレット型端末市場で追撃を図る。

 またグーグルはこの日、アンドロイド搭載端末向けアプリケーションソフトを販売するウェブサイトも開設。これまでは携帯端末からしかアクセスできなかった「アンドロイドマーケット」を、パソコンのブラウザーでも閲覧できるようにした。

 アンドロイド向けアプリ市場は現時点で10万本以上。一方、アップルのアプリケーション配信サービス「App Store(アップストア)」には30万本を超えるソフトが用意されており、すでにダウンロード数は累計100億件を突破している。

 米調査会社ディスプレー・サーチによると、2011年のタブレット型端末の出荷台数は5570万台になると予想されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below