for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イエメンの首都サヌアで反政府デモ、2万人以上が参加

 2月3日、イエメンの首都サヌアで、サレハ大統領の退陣を求めて2万人を超す人々が街頭を埋めている。写真は2日、議会で演説するサレハ大統領(2011年 ロイター/Khaled A)

 [サヌア 3日 ロイター] イエメンの首都サヌアで3日、サレハ大統領の退陣を求めて2万人を超す人々が街頭を埋めている。

 過去30年に渡ってイエメンを統治してきたサレハ大統領は前日、2013年の任期満了時に退任すると表明し、自分の息子が後を継ぐこともないと言明したが、デモに集まった人々は、2013年まで退任を待つことはできないと叫んでいる。

 一方、サレハ大統領を支持する人々も政府を支援するデモに加わるよう呼び掛けているが、3日午前時点で、反政府デモに参加する人々は、2週間前にイエメンでデモ行動が始まってから最大規模に上っている。

 イエメン国営通信によると、オバマ米大統領はサレハ大統領に電話し、サレハ大統領の対応を支持する姿勢を表明。「(サレハ大統領は)状況にうまく対処している。2国間の良好なパートナーシップを期待する」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up