February 4, 2011 / 11:28 PM / 9 years ago

エルバラダイ氏、国民の要請あれば大統領選出馬の意向=報道

 2月4日、エジプトの反体制派エルバラダイIAEA前事務局長は、国民の要請があれば大統領選に出馬する意向を示した。先月撮影(2011年 ロイター)

 [ウィーン 4日 ロイター] エジプトの反体制派エルバラダイ国際原子力機関(IAEA)前事務局長は、エジプト国民の要請があれば今後の大統領選に出馬するとの意向を示した。オーストリアのスタンダード紙が4日報じた。

 次期大統領選に出馬するかとの問いに対し、エルバラダイ氏は「私はエジプトに変化をもたらす者だ。時期が来たら、役目を果たすだろう。私は政党を超えた立場にあるため、自分自身について明確に表現することができる」(訂正)と述べた。

 そのうえで「無論、将来において何らかの役割を果たしたい。しかし、だれが大統領選に出馬するかということは現時点でさほど重要ではない」と述べた。

 また、同紙によると、エルバラダイ氏は、ムバラク大統領は即時退陣すべきとし、大統領は「尊厳」を持って退陣することができるはずだ、と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below